日蓮宗仙道山勝嚴寺

仏教寺院
佐賀県 小城市三日月町樋口6377:00開店本日は17:00まで営業明日は7:00に開店閉店しました
お問い合わせ
メッセージを送信しました。すぐに折り返しご連絡差し上げます。
サイトのヘッダー画像です

最新情報

星祭(大黒尊天像沐浴式)

2019/01/14 – 2019/01/14

星祭
および鬼子母神・大黒尊天新春大祭

全天の覇王たる妙見大菩薩に報恩感謝を捧げます。
あわせて大黒尊天そして鬼子母尊神のお祀りをいたします。

各家庭に勧請されている福・禄・寿の神、大黒尊天の御尊像をお寺に持って来ていただくと、一年間の汚れを祓い、一層の御威光倍増を祈念します。ご自宅やオフィスに大黒天を勧請なさっている方は、ぜひお寺で大黒天の1年間の穢れを落としにお連れしてください。
また、大黒天の沐浴の前に、一般の方を対象とした水行も行います。


御祈願 1件2000円(平成31年星祭札を授与)
大黒天沐浴 1体3000円
水行 1000円(御祈願1件込み)

13:40 水行式...

詳細

毎月第1土曜日20:00より施餓鬼法要を行っております。

施餓鬼とは、いわゆる合同慰霊祭のようなもので、 だいたい仏教の全宗派どこでも行います。 輪廻転生を免れない六道の中の三悪道(地獄界・餓鬼界・畜生界)の衆生、とりわけ餓鬼道に堕ちた衆生のために抜苦与楽の供養と、後生の善処往生を祈り、 食べ物や法を施します。
自分のご先祖はもちろん、一切の衆生を救うという、遍く広い施しの心を起こすことが重要です。
ちなみに、霊的な障りといわれるものに対し、どんなお祓いや祈祷よりも、最も効果的なのがこの施餓鬼だと言われています。

持ってくるもの
・念珠
・お供物(お菓子や果物など)
お金は特に決まっ...

詳細

新春祝祷会(年越し水行)

2018/12/31 – 2019/01/01

大晦日に冷水をかぶりながら心新たに正月を迎えようではないかという人々のつどいです。

水行参加費2000円(ふんどし持参の方は1000円)

バスタオルおよび女性の方はタンクトップとショートパンツを持参ください。
水はかぶらないけど初詣だけ来ます、という方も大歓迎。

過去の様子
http://blog.livedoor.jp/uedamiyako/archives/55576597.html

動画(一般の方の水行は4:00あたりから)
https://youtu.be/zIhn7DxeV9M

詳細

撥遣淨焚式(おたきあげ)

2018/12/08 – 2018/12/08

第一部(11:00)鬼子母神/最上位經王大善神冬季大祭
第二部(12:00)撥遣淨焚式(ほっけんじょうぼんしき=おたきあげ)


第一部は、法華経の行者を守護する善神・鬼子母神と最上位經王大善神の冬の大祭です。
妊婦の方の安産成就や、幼少のお子様の発育円満はもとより、年中安泰・無病息災・家内安全・当病平癒・交通安全などの御祈願を受け付けております。

第二部の撥遣淨焚式(おたきあげ)では、古い塔婆、御札、買い換えによる旧仏具、および人形や故人の形見など、ゴミとして捨てられないものを、法華経の供養のもと、魂を抜き浄火に付します。


※当日参加できない方は、前日までに勝嚴寺までおたきあげの...

詳細
詳細

おえ式とは、日蓮大聖人の命日(10月13日)の前後に宗祖の威徳を偲んで全国の日蓮門下全寺院で行われるものです。
今年は日蓮大聖人の御入滅以来737年目に当たります。日蓮大聖人は山梨の身延から故郷の千葉県小湊に向かう途中、現在の東京の池上付近でお亡くなりになりました。現在、その場所には日蓮宗の大本山・池上本門寺があります。
この日、季節はずれの桜が咲いたという故事から、東京池上では古くから、桜の花を模した万灯がたくさん行列をつくり、纏(まとい)と太鼓がそのあいだを練り歩くのがこの季節の風物詩になっています。


11月12日(月)はひと月遅れの日蓮大聖人の御遠忌の御逮夜(前夜祭)になります...

詳細
詳細

毎月第1土曜日20:00より施餓鬼法要を行っております。

施餓鬼とは、いわゆる合同慰霊祭のようなもので、 だいたい仏教の全宗派どこでも行います。 輪廻転生を免れない六道の中の三悪道(地獄界・餓鬼界・畜生界)の衆生、とりわけ餓鬼道に堕ちた衆生のために抜苦与楽の供養と、後生の善処往生を祈り、 食べ物や法を施します。
自分のご先祖はもちろん、一切の衆生を救うという、遍く広い施しの心を起こすことが重要です。
ちなみに、霊的な障りといわれるものに対し、どんなお祓いや祈祷よりも、最も効果的なのがこの施餓鬼だと言われています。

持ってくるもの
・念珠
・お供物(お菓子や果物など)
お金は特に決まっ...

詳細
詳細

うきは本佛寺おえ式出仕

2018/10/14 – 2018/10/14

福岡県うきは市吉井町にある本佛寺(佐野前延住職)は毎年、九州で最大規模の御会式が開催されています。御会式とは、各日蓮宗寺院で開催される重要な年中行事のひとつで、日蓮大聖人の御命日(10月13日)前後に行われる、宗祖の威徳を讃える法要です。

本佛寺のある吉井町は、ちょうど小城町くらいのこじんまりした町なのですが、それが本佛寺の御会式の日には、中心通りは交通規制され、露店が建ち並び、いったいどこからこんなにたくさんの人が来たのだろうと言うくらいの人出で賑わいます。また、地区ごとにハッピを揃え、万灯籠(まんどうろう)や纏(まとい)のできばえを競い合い、いまや日蓮宗の檀信徒であるなしを超えて、...

詳細
詳細

寺院運営に有益な事例の見学を主目的とした近県への研修旅行です。
お昼と夜の食事代をご用意ください。
勝嚴寺に11:00集合、解散は21:00頃の予定です。

詳細

毎月第1土曜日20:00より施餓鬼法要を行っております。

施餓鬼とは、いわゆる合同慰霊祭のようなもので、 だいたい仏教の全宗派どこでも行います。 輪廻転生を免れない六道の中の三悪道(地獄界・餓鬼界・畜生界)の衆生、とりわけ餓鬼道に堕ちた衆生のために抜苦与楽の供養と、後生の善処往生を祈り、 食べ物や法を施します。
自分のご先祖はもちろん、一切の衆生を救うという、遍く広い施しの心を起こすことが重要です。
ちなみに、霊的な障りといわれるものに対し、どんなお祓いや祈祷よりも、最も効果的なのがこの施餓鬼だと言われています。

持ってくるもの
・念珠
・お供物(お菓子や果物など)
お金は特に決まっ...

詳細
詳細

佐賀県の日蓮宗寺院〜仏道修行・供養・葬儀・祈祷・お祓い・各種鑑定・納骨堂

釈尊出世の本懐である法華経と、その法華経の一切が集約される南無妙法蓮華経の題目の流布により、一切衆生を救済しようとする教団が日蓮宗です。

日蓮宗の最高経典である法華経には、どのような人でも佛となる種が備わっており、そしてその根本は、はるか無限の過去に悟りを開いた久遠実成の佛であり、人間のみならず、全ての生きとし生けるもののいのちとつながっていることを説いています。


この真理を深く悟り、生活の中で実践することにより、社会全体が妙法に帰依して平和な佛国土が顕現することを目的とします。

お問い合わせ

連絡先

今すぐ電話
  • 0952-72-2788

住所

ルートを検索
日本
〒845-0033 佐賀県
小城市三日月町樋口637

営業時間

月:7時00分~17時00分
火:7時00分~17時00分
水:7時00分~17時00分
木:7時00分~17時00分
金:7時00分~17時00分
土:7時00分~17時00分
日:7時00分~17時00分